« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月 1日 (月)

水無月(六月)の定休日

こんばんは!!竹園カイロです!!

 一月ぶりの更新にちょっと自己嫌悪に陥っております・・・ 4月の勉強会で講師の方に「朝、小さな紙に今日やらなければならない項目を書き出して下さい。そして、夜書き出した項目ができたかをチェックしてみてください。だまされたと思って1ヶ月間続けてみて下さい。」といわれたので、それから毎日続けています。その項目の中には「ブログの更新」という項目が毎日書かれているのですが・・・ 今月から心を入れ替えて・・・

 先日、ある本を読んでいたら、「愛」についての価値観のことがかかれていました。ドイツの精神分析学者のエーリッヒ・フロムは、愛を持続できる人と、すぐに破局を迎えてしまう人の違いを観察して、愛するということの意味を分析しました。「愛は感情にすぎないという考え方」と、「愛は意志と決断に基づく行為であるという考え方」があるそうです。

「愛は感情にすぎないという考え方」の人は心の奥で「運が良ければ相手に恵まれて、愛という感情に落ちていくものだ」と思い込んでおり、そんな人にとっては、「愛」という感情もいずれは冷めていくかもしれないものであり、それはしかたのないことだとあきらめてしまうのだそうです。このような人にとって「愛」とは「相手と自分との感情的な関係」であるために相手がどんな人間であるかによって愛の程度や質が変化するので、時とともに親密さが薄れていくのだそうです。

一方、「愛は意志と決断に基づく行為であるという考え方」の人は心の奥で「誰かを愛するためには、知識と努力が必要で、かたい意志をもって決断すべきものである」という信念を持っているとのこと。このような人はいったん「この人を愛そう」と決断したらその決断を守り通す力を持っていて、「相手が誰であろうと必ず長所と短所を持っており、完璧な人などいないのだから自分が決断さえすれば、誰が相手であっても愛することができるはずだ」と考えるのだそうです。 

・・・ なるほど!! ちょっと納得!!これからは意志と決断に基づいて愛を貫いていこうと思った今日この頃です。

 さて、納得したところで本題ですが、今月6月の定休日についてお知らせいたします。

 誠に勝手ながら6月は以下の2日をお休み(定休日)とさせていただきます。

 6月8日(月) 

 6月24日(水)

 よろしくお願いいたします。

                  竹園カイロプラクティックセンター 院長

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »