« 水無月(六月)の定休日 | トップページ | 葉月(八月)定休日 »

2009年7月 1日 (水)

文月(七月)の定休日

こんばんは!!竹園カイロです!!

 またまた、一ヶ月ぶりの更新となってしまいました… 今年も半分が終わってしまいましたね。今日から下半期に突入です!!梅雨の季節ですが、皆様お元気で過ごされておりますでしょうか?私は何とか元気に日々を送っております。ここの所、ハッキリしない天気が多いですね。昼間の気温も上がってきて、30℃を越える日もありますが意外と夜は涼しくてちょっと肌寒ささえ感じます。こんな時はアイツに注意です!!アイツとは… そうです「夏風邪くん」です!!こんな天気の時は、夜の窓の外で夏風邪くんがあなたのことをジーッと見ていますよ!!一度仲良くなるとこの時季は1ヶ月位は仲良しでいなければなりません。注意です!!私も夏風邪くん注意報に敏感に反応しています。お気を付け下さい。

 ところで、最近といいますかこの半年、そうです今年の上半期は「引き寄せの法則」なるものに取り付かれておりました。ご存知の方もいらっしゃるかと思います。その方面では有名なロンダ・バーンの「ザ・シークレット」を初めとして様々な本が出版されています。先日ご紹介した稲盛和夫大先生の「生き方 人間として一番大切なこと」などもその関係で出合った書籍ですが、この本は一度読んでみる価値がありますので何かの機会がありましたら読んでみてください。その中でも「陰騭録(いんしつろく)」についての記述に興味を引かれましたので、安岡正篤氏の「立命の書 「陰騭録」を読む」なども読んでみました。その他に飯田史彦氏の「生きがいの創造」やニール・ドナルド・ウォルシュの「神との対話」など等、そんな本ばかり読み漁っておりました。最近ある結論に達しつつありますが、まだその途中なので結論は今年の終り辺りに発表したいと思っています。そんな途中の段階ですが、最近心に響いた言葉は「起きて半畳、寝て一畳、天下を取っても二合半」という織田信長が言ったと噂されているものです。どんな豪邸に住んでいても、座るのに半畳、寝るのに一畳もあれば足りる。天下を取っても一日に食べる米は二合半もあれば足りるのです。必要以上に(ここが大切です)富貴を望んでも意味がないということなのですが、まったくもってその通り!!大切なのはギリシャの哲人ソクラテスが言ったという「ただ生きるのではない、よく生きよ!」ということ。それでは「よく生きろ」とはどういうことか… この宝物を求めて私の読書の旅はこれからも延々と続くのであります…

 さて、そんな旅の途中で今回の本題ですが、今月7月の定休日についてお知らせいたします。

 誠に勝手ながら7月は以下の2日をお休み(定休日)とさせていただきます。

 7月7日(火) 

 7月22日(水)

 よろしくお願いいたします。

                  竹園カイロプラクティックセンター 院長

|

« 水無月(六月)の定休日 | トップページ | 葉月(八月)定休日 »