« 長月(九月)の定休日 | トップページ | 霜月(十一月)の定休日 »

2009年10月 1日 (木)

神無月(十月)の定休日

こんばんは!!竹園カイロです!!

 またまた一ヶ月ぶりのご無沙汰です!! とほほ… 何だか最近、「ふっ」と思うといつの間にか1週間が経っていて、「あれっ」と気がつくといつの間にか1ヶ月が経ってしまっています… 先日もお彼岸がお休みだったので、田んぼのあぜ道に真っ赤に咲いていた彼岸花のことを書こうとしていたらいつの間にか9月が終わってしまっておりました… いったいどうしてしまったのでしょうか・・・ 毎日毎日、タイムマシンに乗せられているようです… 高速で未来へしか行けないポンコツのタイムマシンですが… 

 10月になりましたね。街中の木々も少しずつ葉っぱが色づいてきました。夕方も日が短くなってきて6時になるともう真っ暗になってしまいます。季節の移り変わりが感じ312dbdeef4l_sl500_aa180_1_2られますね。夜も肌寒くなってきました。肌寒くなってきて秋も夜が長くなってくるとBGMはジャズが心地よく感じられます。暑い季節だと夜の涼しい風にはジャズよりもどちらかといえばボサノヴァの方が何だかイイ感じです。私の勝手な主観ですが…  最近はノラ・ジョーンズも好きなのですが、メロディ・ガルドーの「Worrisome Heart」にちょっとはまり気味です。何だか疲れが抜けていく感じがしますね… お値段もお手ごろでお勧めの一枚です。アマゾンで是非!!

 先月感動した本は、ジェームズ・アレンの「考えるヒント 生きるヒント-人生成功への50の黄金律」です。 「考えるヒント 生きるヒント」の中からちょっと紹介しましょう。

 「 肉体 ・・・ 肉体は心の召使いである。それは、常に思考に従っている。意識的に選択された思考であれ、反射的にめぐらされた思考であれ、委細構わずにである。肉体は、不遜な思考につき従い、病気や衰退へと沈んでいきもすれば、楽しく美しい思考につき従い、若さと美しさの衣を身にまとうこともする。病気と健康は、環境同様、思考の如実な投影である。病的な思考は、それ自身を病的な肉体を通じて表現する。恐怖の思考は人を弾丸に勝るとも劣らなぬ速度で殺しうるものであることが知られてきた。そしてそれは、はるかにゆっくりとではあるが、別のさまざまな方法で、無数の人々を確実に殺し続けている。病気への恐怖の中で生きている人々は、やがてそれを実際に手にする人々である。不安は肉体を混乱させ、混乱した肉体は、病気に対して無防備である。不純な思考は、たとえ行動に転換されなくとも、神経系をずたずたにする。強くて純粋で幸せな思考は、活力と美しさに満ちた肉体を造り上げる。肉体は、繊細で柔軟な装置であり、繰り返される思考に速やかに反応する。思考の習慣は、それが良いものであれ悪いものであれ、その内容に応じた効果を肉体で確実に発生させている。」

 ジェームズ・アレンは「原因と結果の法則」でも有名ですが、この本は彼が2冊目に書いた本で1902年に出版されたものです。デール・カーネギーやノーマン・ビンセント・ピール、ナポレオン・ヒル等のこの手の本の大御所の方々に大きな影響を与えたとされています。私の読解力が低いのか、ちょっと訳がわかりづらいように思いますがじっくり読むとじわじわと味が出てくるように思います。興味のある方はアマゾンで是非!!但し古本でしか手に入らないようですのでお早めにどうぞ。

 さて、本の紹介はそこそこに今回の本題ですが、今月10月の定休日についてお知らせいたします。

 誠に勝手ながら10月は以下の2日をお休み(定休日)とさせていただきます。

 10月11日(日)

 10月21日(水)

 よろしくお願いいたします。

                  竹園カイロプラクティックセンター 院長

|

« 長月(九月)の定休日 | トップページ | 霜月(十一月)の定休日 »