« 神無月(十月)の定休日 | トップページ | 師走(十二月)の定休日 »

2009年11月 1日 (日)

霜月(十一月)の定休日

こんばんは!!竹園カイロです!!

 またまた一ヶ月ぶりのご無沙汰です!! すっかり秋も深まってきましたが、ここ2・3日昼間はとても暖かい日が続きましたね。明日からは気温もぐっと下がって寒い日になるとか。何だかインフルエンザもつくばや古河などで罹患された方が多くなっているそうです。あまり人混みへは出掛けたくありませんね。なんていっていられない方も多いかとおもいますが、うがいと手洗い、そして睡眠をしっかりとって免疫力を下げないようにすることも罹患しないための重要な項目です。14歳以下の方の罹患率が全体の75%だとか。小さなお子様がいらっしゃるご家族の方はちょっと心配かも知れませんね・・・ 

 今月は浅見帆帆子さんの書かれた「大丈夫!うまくいくから」(幻冬舎文庫¥520-)を紹介します。41md2f7zkkl_sl500_aa240_1_3 先月ご紹介したジェームス・アレンも100年前からいっておりますが、良いことが起こるのも、悪いことが起こるのもすべてあなた次第ということです。イメージしたとおりのあなたになってしまうということです。なのでイメージトレーニングはとても大切なのですが、イメージトレーニングだけしていててもシンクロや引き寄せはできなくて、そのほかにもやらないといけないことがあります!!それは・・・ 本の中で確認してください。お値段もお手頃ですので「最近ついてない・・・」という方、「大丈夫!うまくいくから!!」読んでみて下さい。アマゾンで是非!!

 この本に出てくる「百匹目のサル現象」についてだけちょっとお話しします。今から50年ほど前に宮崎県の幸島という島に生息するサルに、ある人が餌のイモを海水で洗って食べさせることを教えました。すると他のサルたちもそれを真似して同じようにイモを洗って食べるようになり、その数が次第に増えて一定量に達した時に不思議なことが起こったそうです。そのことを知るはずの無い、遠く離れた大分県の高崎山のサルたちもイモを海水で洗って食べる行動をとり始めたのです。このように「ある行動、考えなどが、ある一定数を超えると、これが接触のない同類の仲間にも伝播する」という現象を「百匹目のサル現象」というのだそうです。これはアメリカのライアル・ワトソンが創作した擬似科学に分類される生物学の現象なのだとか。船井幸雄大先生は「二つの真実」(ビジネス社¥1,680-)41tkvcjufl_bo2204203200_pisitbsti_2 のなかで「すなわち猿たちが教えてくれるように、よい行い、よい思いは時間や空間を越えて、周囲に広く伝わり、多くの人の思考や行動も正しい方向へと導く。どこかでだれかが、何かいいことを始めると、それを真似する人がつぎつぎにあらわれて、ついには社会全体に浸透していく。だから、私たち一人ひとりがみずから率先して、よい思い、正しい行いを実践していこう。そうして社会や世界を変える起点となろう。・・・」と申しております。この本もお勧めですのでアマゾンで是非!!

 この手の本をいろいろ読んで思ったことは「よい思い、よい行いを実践」することが引き寄せの極意なのだそうです。じゃあ「よい思い、よい行い」とは何か?それはまた別の機会にお話しいたしましょう・・・

  さて、本の紹介はそこそこに今回の本題ですが、今月11月の定休日についてお知らせいたします。

 誠に勝手ながら11月は以下の2日をお休み(定休日)とさせていただきます。

 11月18日(水)

 11月19日(木)

 よろしくお願いいたします。

                  竹園カイロプラクティックセンター 院長

|

« 神無月(十月)の定休日 | トップページ | 師走(十二月)の定休日 »